すこやか便り

すこやか長寿センターでは、平成2年度より高齢者の方の生活をより豊かにしていくための情報を盛り込んだ機関誌「福悠人」を創刊しました。
また、平成14年度からはひとりでも多くの方にご覧いただけるようにと「福井新聞」の折り込みタブロイド版へと改訂し、年6回(奇数月の第3火曜日)発行をしております。
機関紙に関するお問い合わせ(バックナンバーが欲しい、自分たちのサークルの情報を掲載してほしい等)は、センターまでご連絡ください。

チャレンジ福井絵本くらぶ塾紹介

チャレンジ福井絵本くらぶ塾は、第3金曜日午前10時から12時まで、福井県社会福祉センターで絵本の読み聞かせ勉強会をしています。本会の「アクティブシニア養成講座」を受講した皆さんは、地域活動の担い手として、福祉施設・病院・保育園・小学校には定期的に、地域で行われるイベントには主催者からの要請があれば出向き、年間を通して積極的に活動をしています。

 

塾生の声

●人前にでるのは苦手でしたが、顔を覚えてもらうようになると、地域に出向いていくのが楽しみになりました。
●地域ではさまざまな出会いがあり、笑顔でお礼を言われるとますます意欲がわいてきます。

 

    

 勉強会の様子

 

チャレンジグランドゴルフ塾紹介

チャレンジグランドゴルフ塾は、毎週金曜日(4月~11月)午前9時から12時まで、福井市安田町にあるスポーツ公園で活動しています。自然豊かな環境の中、仲間と楽しく語らいながら、常設してあるホールポストにボールを転がします。(18ホール)技術、時間、プレーヤー数に制限がなく、手軽に誰でもはじめられるところが魅力で、塾ではその日の塾生の体調にあわせて1回(1時間半)~2回プレーしています。

 

塾生の声
●ルールが簡単なので、ゲームを楽しむ感覚できてほしい。(塾生募集中!)

●ボールが空中を飛ぶことがないので安全、女性でも大丈夫。シニアの健康づくりにはもってこいです。

    

   

プレーの様子   

おもちゃドクター養成講座修了生ら活動開始!

「おもちゃドクター養成講座(初級入門編)」を受講したおもちゃドクターら4人が、県民せいきょう大野きらめきさんの夏祭りにおいて「おもちゃ病院」を実施! 

 7月27日(土)大野市天神町にある「県民せいきょう大野きらめき」において夏祭りが催され、ステージ発表や模擬店が開催されるなか、おもちゃドクター養成講座修了生らが、おもちゃ病院を開設しました。

 はじめは、「子ども達がおもちゃをもって来てくれるか」、「持ってきたおもちゃをちゃんと修理できるか」ドキドキしていたドクター達。しかし、ひとつ、またひとつ壊れたおもちゃが持ち込まれると、おもちゃドクター達の表情は真剣そのもの。簡単に修理できる物もあれば、1つのおもちゃを3人のドクターが囲み、あーでもない、こーでもないと相談し合う場面もあり、あっという間に時間が過ぎていきました。

 音が鳴らなくなったおもちゃから、音楽が鳴り出したのを見ていた子どもからは「スーパー(スゴイという意味)や!!ありがとう!!」の声があがり、その一言でおもちゃドクターの暑さや疲れもどこかに吹き飛んでしまったようです。

    

 

 現在、おもちゃドクターは活動の場を広げたいと頑張っています。

 イベントやお祭りで、「おもちゃ病院」に来てほしいという方は、お気軽に福井県社会福祉協議会すこやか長寿課(0776-24-2433)までお問い合わせください。

手遊びを交えながら子ども達は絵本の世界に引き込まれていきます。 「福井絵本くらぶ」がテレビで紹介されました!

 アクティブシニア養成講座「絵本よみきかせボランティア養成講座」修了生で結成された「福井絵本くらぶ」の活動が、8月3日の福井テレビ「ほっとふくい」(17:00~17:15)で紹介されました。

「福井絵本くらぶ」 代表 太田 泉 さん

【主な活動】 毎月1回 福井県社会福祉センターにて読み聞かせの勉強会を行っているほか、坂井市の保育園や子育て支援センター、福井市・越前市内の高齢者福祉施設、県立病院の小児病棟・一般病棟において絵本の読み聞かせ活動を行っています。

 

 今回、取材させていただいたのは、春江東保育所の3歳児のクラスでした。

 はじめは、取材のカメラや見慣れない大人たちに戸惑っていた子ども達も、福井絵本くらぶの太田さん、髙橋さんが「はじまるよったらはじまるよ♪」と歌い始めると、あっという間にその場の雰囲気が、お話の時間に早変わり。この日は、「どろだんご」、「おなべぶ こどもしんりょうしょ」、「はらぺこあおむし」の3冊を手遊びや歌を交えながら読みました。

 子ども達の時には真剣に、時には楽しく笑いながらお話を聞く表情がとても印象的でした。

 

 

第7回 いま、輝く『シニア・アート展』」ご来場のお礼と「一番好きで賞」の決定者発表

3月1日(金)~3日(日)にショッピングシティベルで開催しました「第7回 いま、輝く『シニア・アート展』」に大変多くの方にお越しいただきありがとうございました。(ご来場者数1,595人)

 

   

   

 

  

また、ご来場の皆様に投票いただきました「一番好きで賞」に見事輝きましたのは、チャレンジ洋裁塾 塾生 城 栄美子さんの作品に決定しましたのでお知らせします。

 

第7回 いま、輝く『シニア・アート展』一番好きで賞決定!

  

 

作品№144 チュニック 

             

            

  

スタッフ一同ここに謹んでお礼を申し上げます。

 

 

チャレンジ男のための料理塾紹介

チャレンジ男のための料理塾は 、第4木曜日の午後5時30分から8時頃まで、福井県社会福祉センターで料理実習をしています。男性に料理を作る楽しみを知ってもらおうと、塾長は旬の食材を使って簡単ですばやくできる料理を教えています。毎回4品から5品は作るのでレシピがどんどん増えていきます。

 

塾生の声

●塾長は手際がよくダイナミック♪
●すぐ出来るようなメニューなので、気軽に取り組めていいと思います。

●料理は大勢で食べると美味しく、また楽しい。

 

    

 魚を三枚におろしている様子

チャレンジおしゃれ塾紹介

チャレンジおしゃれ塾は 、第2木曜日の午前10時から12時まで、アオッサで活動しています。おしゃれ塾では、いつまでも若々しく生き生きとした女性を目指して、おもに女性のおしゃれ、身だしなみ、マナーに関するテーマの講義・実習(季節の美肌対策、家庭でできるヨガ、おつきあいのマナー、健康で過ごす食生活等)を行っています。

 

 塾生の声

 ●内容がバラェティに富んでいて毎回楽しみです。塾の日が待ち遠しい♪
 ●日常生活に役立つことが多く、すぐ利用できることばぼで人に話してあげられます。
 ●参加するたびに何一つ覚えて帰ることが出来ます。自然におしゃれ心が湧いてきますよ~

 ●参加者の年齢が似ているので気兼ねせずに受講できます。お友達ができるから参加することが楽しい。

 

      

 

  講義の様子「季節の美肌対策」

 

                                  

 

チャレンジオカリナ塾紹介

チャレンジオカリナ塾は 、第2・4火曜日の午前10時30分から11時30分時まで、ふくい健康の森生きがい交流センターで活動しています。オカリナ塾では、塾長自らがオカリナを演奏し、指使いや吹き方(息の出し方、息の強弱等)を丁寧に教えています。塾生の皆さんは個々に自宅で練習を重ねてきて、塾では全員が音程を合わせられるように何曲も一緒に演奏しています。オカリナの優しい音色に包まれた空間はとても和やかです。

 

塾生の声
●何か楽器をやりたいと思っていて、オカリナは持ち運びが簡単でどこでも吹けるので始めました。

●子供の頃のリコーダーやハーモニカを思い出して取り組んでいます。

   

(きらきら星を演奏している様子)

チャレンジ写真塾紹介

チャレンジ写真塾は 、第2木曜日の午後1時30分から4時30分まで、ふくい健康の森・生きがい交流センターで活動しています。また、希望者には、開催日(例会)の午前中にカメラの性能や使い方の基本講座も開いています。写真塾では、塾生が個々に撮影した写真を毎回作品に仕上げて持ち寄り、全員で作品の講評や意見交換をしています。上達のポイントを学ぶことができ、技術力や表現力のステップアップにつながります。構図の決め方や絞り、シャッター速度、フィルター等々白熱した議論が飛び交うこともあります。

 

 塾生の声

 ●塾で習ったとおり撮影した写真を褒められると嬉しい。

 ●美しい風景を見るとすぐに撮りたくなります。

 

 

    

 

 

 作品展での講評の様子   塾(例会)での講評の様子

チャレンジ陶芸塾紹介

チャレンジ陶芸塾は 、毎週月曜日午前10時から午後5時まで、越前町織田わづみ館で活動しています。陶芸塾では、越前の土を使って塾生それぞれがテーマを決めて作品を作っています。土練りをした後は、手でこねたり轆轤(ろくろ)を使ったりして成形し乾燥させます。その後、施設内の窯に入れて焼き上げるため完成までに幾日もかかりますが、その分作品に対する愛着はひとしおです。(新規塾生募集中!)

 

塾生の声
  ●陶器が好きだし、物を創ることも好き。

  ●集中していると心が落ち着きます。癒しの時間です。